ちょっとした動画をパワポで作る

「動画」を作ったことのない人は、作るのがむつかしいと思っていませんか?
もちろん、品質の高い動画や、高価な機材の必要な映像、ストーリーがあるコンテンツなどを作るのは映像制作のプロの出番です。
しかし、プロに頼むまでもない、文章にしにくいようなちょっとした動画は、PowerPointがあれば作ることができます。

トリセツ、取扱説明書は、紙やPDFだけではありません。

連続した動きのある職人芸や、手順や文章にすることが面倒な説明、音や動きを見せたい場合には、動画でトリセツを作ることができます

PowerPointでスライドショー(プレゼンの時に全画面表示で画面遷移する見せ方)を使ったことある方だと、あとひと手間で動画にできます。

PowerPointから動画を作る

「ファイル」メニューから、
「エクスポート」 → 「ビデオの作成」 → (設定を変える場合は変更し) → ビデオの作成ボタン を押す
と、
スライドショーで設定したアニメーション、画面切り替え効果、動画ファイル入りも含めて、PowerPointをまるごと動画にできます

意外と知られていない機能ですが、知っていると楽に動画ができます。

例えばこんな感じです。
手元にあるコーヒーメーカーをネタに動画を作ってみました。
※クリックすると、別ウインドウで開きます。

パワポで作成した動画をYouTubeにアップロードすることで、りっぱな動画トリセツを作ることができ、必要な時にURLだけで共有することもできます。

音にびっくりされた方、すみません。

YouTubeを利用する場合は、ファイルをアップロードした後に音声ファイルを付けることもできます。

動画にBGMがつくと、もうプロ気分ですね!

もちろん、さらにここから販促用の映像としてまとめたり、デジタルサイネージのように使ったりすることもできます。

ただし、単発で動画を作る場合と、戦略を含めて映像をまとめる場合はきちんと制作体制を整えることをおすすめします。

ちゃんとした動画&トリセツが気になったら、ぜひお声がけください。

悩んだら情報親方へ!