マニュアルは誰のためにあるものでしょうか?

こんにちは。情報親方です。

マニュアルは誰のためにあるものでしょうか?

  • 発行元:発行元が言い訳するためのもの?
  • 開発者:ほぼ発生しない仕様も含めて、製品やサービスの仕様を全て書いたもの?
  • 主従関係のある従業員:上司から付けろといわれたから付けるもの?

答え
マニュアルはユーザー(読み手)のものです。

  • 「バグがあることを言われたら困るので先に書いておきたい」(いわゆる「言い訳」)
    →製品やサービスを改善してから世に出してください。
  • 「ほぼ発生しない仕様」だけど載せてほしい。
    →ほぼ発生しないなら一般ユーザー向けのマニュアルに書く必要がありません。マニュアルは仕様書ではありません。
  • 上司から付けろといわれた
    →よく考えましょう。上司はユーザーの存在を理解していますか?

いいマニュアルを書くためには、発行元の要望を全てマニュアルに書くとは限りません。

視点は、ユーザーにとって役に立つか、です。