マニュアルで御社のファンをつくる

ファンとは?

音楽や演劇、映画などには、「ファン」が存在します。

ファンとなった人は、次もその同じシリーズのものを買ったり、イベントに参加したりします。「ファン」と、「ファン」となったものやイベントの関係はどのようになるのでしょうか?

「ファン」は、例えば「うれしい」「楽しい」「リアル」な体験を得たときに満足度が高くなっている状態です。
人間の感情が関係するので、必ずとは言えないですが、かなり高確率で発生します。
「ファン」になった人は、ものやイベントに対して、多少の不平不満を感じていても満足度のほうが上回っているので、クレームを主催者に伝える可能性は低いと考えられます。

マニュアルにファンができればどうなるか?

マニュアルに「ファン」が存在すれば、どうなるでしょうか?

マニュアルでつきものの、
「わからないから問合せしよう」
「変なことが書いてあるからクレーム入れよう」
という感情にはなかなかつながらないと考えます。

マニュアルを見た人が、
わかりやすい、
さがしやすい、
「そうそう!これこれ!」というひらめき
に出会ったとき、それはファンに近づく一歩となります。

いいマニュアルを見た人は、その企業組織の「ファン」ともなります。
企業が製品やサービスをつくっていれば、「あのマニュアルがついているから、安心できる。また買おう。」という感情につながります。

マニュアル作りでファンを増やすセミナーをやります。

ではどうすればマニュアル作りでファンを増やせられるのでしょうか?

答えは、4月27日両国KFCで開催の
「情報親方のマニュアル作り方セミナー
#1 ものづくりに関わる方必見! マニュアルで御社の『ファン』を増やす方法」にあります。